2008年10月10日金曜日

落語鑑賞



先日ヒルズで行われた落語家(三遊亭遊三師匠)の講演に行ってきました
気になったポイントをいくつか

【笑いの多様化】
かつては、子供から老人まで同じ落語を聞いて笑うことが出来たが
笑いが多様化(核分裂化)して共有できなくなった

【英語で落語は?】
英語ではyouとmeしか無いので落語は成り立たない

【落語はTVよりラジオ向き】
耳で聞き、イマジネーションをすることで楽しむもの。
聴衆を視覚的なものにFocusさせては行けない。

【江戸弁・アキハバラ】
秋葉原は昔は アキバハラakibaharaと呼んでいたらしい
いまはアキハバラakihabaraと読み、その通称がアキバakiba
(ちなみに、師匠の出身地が秋葉原の近く)

【伝承は口伝で】
あんちょこなどの本では所作や(声の)距離がないので×
→そのあと、本を読んだけど楽しくなかったです 確かに・・という感じ。

【ネタの選び方】
核分裂化しているので客層によってネタを変える
つまり、寄席(場)によって年齢層が違うので、
それまでにどんなネタが披露されたか帳面があるのでそれを見て、傾向と対策を練るとのこと。
私は新宿を薦められました。


【最後に】
師匠の出身地に現在住んでいると、お近づきになって
名刺交換をしてきました。
和紙で出来た素敵な名刺
名刺交換のお礼をしたいところですが、e-mailとかはお使いにならないそうで・・・(困)

浅草鳥越繋がりだとこの方にもお会いしに行きました。
http://blog.monexfx.co.jp/okayasu/
要は何でもチャンスなんです

--------------------------------------------------------------
コンタクトが割れました。
暫くは片目の生活です。(来月の7日まで待つ!?)
慣れてくると、コンタクト買うの勿体ないし、良いか・・・って感じになります。
片耳聞こえないし、テラ方端w
落語

0 件のコメント: