2008年11月27日木曜日

情報のフロー化

昨日アップした、インフォコモンズのレポートの中で
情報のフロー化というのが有って

#情報を頭にストックするのではなく、後で検索可能にするというイメージで

じゃぁ、どうやって具体的に実践しようかと言うことで
昨日、木下伸晃氏の著書を拝見して、お会いしてお話を聴いて
出てきた結論の一つ

★新聞は目を通すだけにして日経テレコン21を活用する★

木下氏の『日経新聞の裏を読め
にテレコンのタダ利用の方法が書かれていたので
既に解説済みの楽天証券のマーケットスピードを起動してみたけど
サービスが終了しているのか?無かった。
野村 大和 丸三
どれにしようかな~?

[ライブラリートーク]インフォコモンズ~グーグル、SNSの次に世界を制するものは何か?~

17Nov Library Talk
インフォコモンズ~グーグル、SNSの次に世界を制するものは何か?~ 佐々木俊尚

Recommend by Sasaki
岡嶋裕史「構造化するウェブ」
アルバート・ラズロ・バラバシ「新ネットワーク思考」
渡辺弘美「ウェブを変える10の破壊的トレンド」

例のごとく、質問したこと
Q:経歴を拝見して大学中退~毎日新聞入社までが分からなかったので伺ったところ
Aロッククライミングをずっとしていて
 中退なのは毎日新聞に採用されたから「まぁいっか」って感じで辞めたそうです。
毎日新聞では中退者や専門学校卒の採用実績があるそうです。

あとから気づいたのですが、この方岡崎高校ご出身だったのですね
調べておけば話題が広げられて良かったのになぁ

感想としては
私は情報を集め過ぎだと言うこと、もうちょっと情報ダイエットしても良いかもしれない

~~~~~~~~~~メモ~~~~~~~~~~

ナレッジマネジメント(KM)→不可能

情報をパーソナル/ミドル/マスで分けた場合の
ミドル情報が爆発的に増えている。

自分のセグメントの情報を如何に入手するか
自分という人間は多面的でありAdHoc的にその場その場で

情報共有圏=インフォコモンズ

ADT(注意欠陥特質)という新たな症状がアメリカで増加
→あまりにも情報が増えすぎてパンクした状態

日米ではSNSは本質的に違う。
日本ではSNSに載った情報がない
FaceBookは行動が友人に伝わる=Lifestream

ナレッジマネジメントは不可能
必要なのはナレッジマイニング(知識解析)
>昔は集めることが大切だった
これからは情報そのものを頭に取り入れるのではなく、Bookmarkしてフローさせておく

ナレジマイニングといは何か
相互に関連のあるナレッジを何らかのキーワードや文脈によって検索して表示するテクノロジー
→ユーザーの必要に応じてナレジが自動的に手元にやってくる。

情報アクセスはPULL(能動的)からPUSH(自動的)へ

人間関係に基づいたソーシャルレコメンデーションの可能性
>趣味や志向の近い人を結ぶ

人間関係のテクノロジー化
ソーシャルグラフ(人間関係)が情報アクセスのプラットフォームとなっていく可能性が生まれてきている

"Web 1.0 ?Ai Centralised Them.
Web 2.0 ?Ai Distributed Us.
Web 3.0 ?Ai Decentralised Me

新聞は一次情報を得るため
論功分析評価は個人の方が秀逸

大企業にいたら、人間関係が完結してしまう
社会の条件変わらないと進まない

インフォコモンズ 情報はフラットではなく 上から下へ流れるもの
Influencer→衆生

2008年11月26日水曜日

[ライブラリートーク]これからの時代を拓く教育とは

これからの時代を拓く教育とは
~スクールアーティスト:井出良一先生の教育改革
14 noviembre 08

Recommended by Ryoichi Ide
黒柳徹子「窓際のトットちゃん」
畑山博「教師 宮沢賢治」
ローラ・インガルス・ワイルダー「大きな森の小さな家」
熊倉功夫「柳宗悦 茶道論集」

感想
模擬授業もあって面白かった。
日本の教師とか糞wwwとか思っていましたが
思い込みは良くないですね


~~~~~~~~~~メモ~~~~~~~~~~

日本の先生たち頑張っている、教育がダメなのは方向性が良くないから
>ガンバリズムはダメ、自分が楽しまなくては

景気で教育のあり方が振れるのが良くない

ゆとり教育の問題は底辺にFOCUSしすぎた→TOPも伸ばすべき。

教えて”やろう”というのは良くない。自分が失望してしまう

井出式は誰にでも出来るわけではない。それが重要なんだ

引き出しの知識をどうつなげていくか、創造感性を磨く。一緒に考えて発見する

モーツアルトはすごい。歌い続けていても疲れない
(童謡だとつかれるのに

出来ないところをはっきりしてやる

温暖化すら疑え

エコは本当にエコなのか考えられる子供を作りたい

宮台のエリート理論 賛成 政府を叱れるエリートを作る。学者はしっかりしろ

ノーベル賞受賞者は子供の頃論語を聞かされた。論語のリズムは良い。

2008年11月24日月曜日

インプレッション

図太くなれ
と言われた。

我が道を行け
みんなから嫌われても良いから
価値観が多様化していて、みんなと仲良くすることは出来なくなってきている。

スタンスをはっきりする

情報を収集するのではなく・・・・。



ここ数年自分は八方美人だった
昔、スタンスをはっきりさせすぎて
敵を作りすぎ、失敗した経験があったので
同じ轍を踏まないように気をつけていた節がある。

出来るだけ自分の意見を持たないようにしていた。
その方が素直に話が聞けるし、敵も出来ない。

社会を生き抜く。もとい、戦い抜くにはスタンスをはっきりさせる必要がある


#情報収集するのは知識を出来るだけインプットして
#知識+知識→知恵の創出を図るというのが最大の目的です。
そろそろ次の段階に進めると言うことかな・・・。

右にニーチェが居たので「ツァラトゥストラはかく語りき」より・・・
君は言う「善行のためには戦いを犠牲にせよ」と。私は言う「善戦のためには万物を犠牲にする」と。

多くのことを中途半端に知るよりは何も知らないほうがいい。
他人の見解に便乗して賢者になるくらいなら、むしろ自力だけに頼る愚者であるほうがましだ。


今日嬉しかったこと
→読書ブログのFollowerが2人に増えたこと。
当ブログは0だし、なんだかとっても嬉しい。

2008年11月23日日曜日

最近面白かった話list

ノートをなくして相当へこんでいます。

月曜日からの利用なので、あまりダメージは少ないのですが。

14日
これからの時代を拓く教育とは
スクールアーティスト 井出良一氏の話を聞いてきた

15日
PDCA仕組み研究会にて
計画の建て方などを聞いてきた

16日
竹田和平さんに会ってきた

17日
『インフォコモンズ』等の著書のある佐々木俊尚氏に会ってきた

18日
統計心理学として
バースデーサイエンス研究所の話を聞いてきた
現代で仙人修行をされている方に会っていた

19日
経営談話室にてグループワーク
会社社長2+個人事業主1+私の4人で
経営とは何か、利他か利己かについてディスカッションした
ボジョレーのカウントダウンに行った

20日
宗教学者の島田裕巳氏に会ってきた

21日
元外交官の原田武夫氏に会ってきた

23日
箏曲の演奏を聴いてきた


ほぼ毎日何かやっている・・・

2008年11月22日土曜日

姿勢の悪い日本人

書くネタはいろいろ有るのですが、課題や人に会うことに追われ
なかなか執筆している時間がなく更新が滞っております・・・

日経産業新聞
ビジネススキル面>品性磨くセルフプロデュース
にて
農耕民族の日本人は体の前面の筋肉が背面の筋肉に対して強く猫背になりがち
狩猟民族の欧米人は弓を引いているので・・と言う違いがあるそうです。

昨日、ドレスを着たときに胸がアマールとかおもったのですが
最大の理由は猫背になっていたから・・・
注意されたらすぐに改善されてしまいました。

スタイルの良いおねーちゃんはジムでは意識して背筋を鍛えているそうな

私も背筋を意識して鍛えよう。

2008年11月19日水曜日

安藤忠雄ギャラリートーク@ギャラリー間

11月13日(木) 11:00~
アカデミーの会員として特別招待とのことでしたが
普通に一般の人も入られました
一番前で聴講。安藤氏まで30cmぐらいのところでw
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex081003/talk_rpt.htm
15分前に現地入り。
若い人が比較的多く、だからか、若い人向けの話でした



以下メモ

建築は
みんな希望という夢を描いて走っているから
思いを一つにしないと作れない


家は自分の工夫ですむもの、住あげていく
資源・食料・エネルギーのない世界で
住まいとはこういうものだと
→住吉の長屋

自分たち一人ずつに何をできるか
共通一次が始まり、人間の多様性を受け入れない社会
勉強、大学に入らない代わりに、大学生以上にやる
勉強すれば多様性受け入れられる

難しいものに挑戦した方が勉強になる
問題に挑戦すること、面白い


可能性は自分の中にある、自分の中にしかない
自分たちの思い描く世界どう表現
思いさえあればある程度はいく
包容力のある日本になってほしい
が、そうではない現実を乗り越えて
世界一の優秀な民族

全部の人間の中に可能性&希望、大抵自分でつぶす

大学行った方が、ハンディ感じなかった
想い 受け止めてくれる人が居る

信号止まるな
赤でも行け
その緊張で生き抜け

そのぐらいの気迫で生きないと生き抜けない
でも面白い社会。


日本は新旧混在のおもしろさ
東京は世界一美しい

白いキャンバスに描きながらだけど、規律は必要

人生作るのは自分


責任のある個人を作らないと感動は生まれない

2008年11月18日火曜日

THE ORBS-JAPAN.COM PROJECT

きっかけは、ライブラリートーク★
www.orbs-japan.com/
二日にわたり参加。
THE ORBS-JAPAN.COM PROJECT
10&11/Noviembre/'08

月曜日にアカデミーヒルズでのライブラリートーク
新・見えないものを見るネットワークプロジェクト
に参加。
薄羽さんに次の日のセッションにご招待を受け、国際文化会館にて
火曜日
THE ORBS-JAPAN.COM PROJECTのファーストセッションに参加してきた
www.orbs-japan.com/

このチームの趣旨としては
科学的な解明がなされていない現象への探求を通じて
知的な交流を作ろうというものである

~ORBとは~
写真を撮ると現出する丸い球体
形状からオーブと呼ばれる

・説明できないことを信じないことをやめよう
・地縁・血縁→から→知縁・智縁の時代へ
・パリのカフェ文化のイメージ
>>ピカソやモディリアーニのような芸術家を輩出した
・宮崎駿の「もののけ姫」でのコダマはORBがモチーフ
・知的交流を通じた幸せのためのロジックとしてのORB
・とにかく、みんながhappyになったらいい
・人が持っていないユニークなものを発現したときに天才になる
・ORBは人間心理の写し鏡

SRF←エナジースポット
参加者からの声
→金融危機はマヤで2012年に何かが起こると言うことの
・回る球体の原理を聞いたところクリスタルファウンテンは地球が動かしているとのこと詳細も聞いたが、ここで詳しく書くことはやめておきます。

二日目
出席者の質が高い・・・・

この本の著者やこの本の著者
他にもJAXAの方もいた。
すごすぎるセッションでした。

ORBカンファレンスにてスタンフォード大学 Drテイラー
「私たちの意識についてもっと解明されなければいけない」

#江本勝「水の結晶理論」が引き合いに出されていたが
#さすがにそれを引き合いに出すのは・・・という感じ

・人間は太古1000種類の嗅覚センサーを持っていたが、現在は多くても350程度である。
・勉強すると、いろんなものへの感度が落ちてくる。
・プラトン「メノン」
・ヘレンケラーの嗅覚・・・人格のにおいが分かる


オーブは人の頭上に浮かびやすいということを聞いてオプーナを思い浮かべました。
ユングの集合無意識も思い浮かびました。

参考図書
『20世紀の忘れ物』佐治晴夫・松岡正剛
『脳と日本人』松岡正剛・茂木健一郎
佐治塾の佐治
編集工学研究所の松岡正剛

2008年11月13日木曜日

サラリーマンショック

先日サラリーマンの方たちと飲みに行った
40代3名+私

会計時に衝撃を受けました。

誰も領収書をもらわないのです



交際費として計上できないから。


これまで弁護士や司法書士や会社社長など
個人でやっている方と多く接してきたために

この衝撃は大きかった。

そうか、節税できず、搾取される存在なのだ・・。

人に会うことにお金をかけている私からすると
サラリーマンは長くは続かないし、続けるべきではなさそうだ。

[ライブラリートーク]グーグル・マーケティングの仕事術

6Novに参加してきました。
グーグル・マーケティング
の著者

押切孝雄

レジュメでの
推薦書籍



http://markezine.jp/article/detail/2749
話を聞いている中で参考にしたサイト

最後に、名刺交換した際に、就職活動に関するアドバイスを頂くことができた。
就活では、興味のない業界や企業も見ておくと良い・・・だそうです。

この、講義よりも一緒に参加した方から学ぶことの方が多かったです。(笑)
↑すごすぎる人が居たんです。

反省点→本を読まずに参加してしまったこと


以下にメモです

◇インターネットを使えば未来を予測できる
  ・セミナーは 最新の知識を聞ける場所
◇今起こっている変化とは
 いんたーねっとの現在地 ニューアムステルダム時代のマンハッタン
 まだまだこれから
 時代の変化とメインプレイヤー
 ハードの時代(IBM)→ソフトの時代(M$)→ネットの時代(Google)
 ’95~20がインターネットの変革期 オモローな時期
 広告4媒体(TV,新聞、雑誌、ラジオ)既に雑誌を抜いて
 2010年に新聞を抜き 2015年にテレビを抜く (電通データからの予測)
 情報はフロー型(滝)からストック型(ダム)へ
 自分の脳と同じでいらない情報もたくさんあるが、ほしい情報を探せば見つかりやすく
 昔、8時だよ全員集合でみんながTVにあつまっていた(TVに主導権)
 いまは見る側に主導権がある(時間の)
 押切氏はWBSを録画しておいて週末に1hで全部見るそうだ。

◇ブランドとは(AISARE)
 ファン以上の存在=エヴェンジェリスト(伝道者)が存在すること
 勝手に広めてくれる。
 エヴァンジェリストになるには原体験が必要(ex ipodSUGEEEEEEEE)

イギリスのネット広告が広告費総量に占める割合は日米の倍。
なぜかは不明

Net広告は他のシェアを奪うのではなく、、新しく創造される。
最後にGoogleの人も名刺交換に来ていた。
Googleアドセンスもこれからだそうだ。

2008年11月9日日曜日

他人にごちそうになったら・・・

他人にごちそうになったら

私は本人にもお返しするし
また別の人にごちそうするようにしています。

そこでその人に、返したいと言われたら
「お礼は他の人にしていただければ、善意の連鎖で世界の人がハッピーになると思うので、是非ご協力お願いします。」
と、言うようにしています
(今見返すと、文章として変だな・・・また見直そう←意見求ム)

happy →   happy+happy  →   (happy+happy) + (happy+happy)
=(happykakumei?)

1から始まった愛が1+1でどんどん広まっていけば
ショーペンハウアー的な世界観でも
薄皮一枚、幸せな世界に近づけると考えています

寄付するとかでも良いのです
(ただ、費用対効果を考えると、対面で何かをするべきだと思います)
これからの季節、寒くなるし
ホームレスの人にカイロを買って渡してあげるとかも良いと思いますが、そっから先に続かないよね

みんながハッピーな社会を創りたいなぁ

2008年11月7日金曜日

格差問題とは

先日、元外交官の原田武夫氏と意見交換をしていて
原田氏が仰っていたのは
格差の下に居る人たちも
上にあがるチャンスはいくらでもあるのに、
そのチャンスを活かさない(活かせない)のが問題だ。と

私もホームレスの支援やいろいろなモノを見てきて、そう感じる

チャンスをチャンスと思わず、
チャンスだと思っても行動しない
そんな人間が多い。

元世銀の西水さんが言っていたのは
20年ぐらい前から日本の教育に失策が見え始めた。

教育は遅行して社会に影響を及ぼすので、
それを行う者には、ものすごい先見性が必要だ
でも、今から変えたとしても、現在就学中の世代や
もう社会に出てしまっている世代とか居り、はっきり言って手遅れである

しかし、最近日本ではでは草の根の教育が盛んな気がする
個人投資家の方々や銀行員の方、元外交官の方などが
無料で若者を育てようとしている
ちょっと前までは、このようなボランタリズムは少なかったのではなかろうか

それだけ、危機感を持っているのでしょうが
日本の将来に光明を見ました。

2008年11月6日木曜日

日経の交友抄

日経の交遊抄をみて思うこと

マインドの高い友人を持つと一緒に成長していけると言うこと

学校の同期入学とかでもピンキリのはず
だけど、交遊抄に出てくるような人は
交友について語る人も、紹介される人も
ひとかどの人である

私も、良い友人を沢山もちたいものだ

2008年11月5日水曜日

[ライブラリートーク]Think Pro-age第4回 プロエイジ的理想の友情

Think Pro-age第四回 プロエイジ的理想の友情
に参加してきた。
以下にレポート

pro-age とは・・・楽しく年を取ること、年を取ることを楽しむこと
対義語としてanti-age

親友とは(一般アンケートから伺える男女の相違)
 男→長くつきあう傾向
 女→ライフサイクルで友人変化

人生の生き甲斐は友達作り
そのための第一の条件は”外へ出ること”
移動時でもどんなときでも友情が芽生えるチャンスはいくらでもある
→でも必要以上にはつるまない

何でも自分で決める。(人に相談しない)だから今の自分がある

異性間の友情とは
同性間だと言葉だけだが、一方で異性だと行動を伴う
(晴子の周りでは)男性の友人は見返りを期待しない(と思っている)

理想の友情のための条件は
・共有できる感性
・本気で戦った末に生まれる
・人の痛みが分かる心
・絶交も期間限定
・何でも許せて話せて信じられる
・そしてこの人と居られて本当に良かったとおもえる




感想
セクシーだ感じられる65歳は日本人では初めてみた
欧米人だと60代でも70代でもセクシーな女性は居るが
日本人は枯れた人間しか居ないと思っていたのだが
非常に面食らってしまった。
名刺をお持ちじゃなかったようで、お名刺を頂くことはできませんでしたが
(こっちは渡した)友達になれると良いなぁ。

タダでワインが飲めて、ウマーでした

2008年11月4日火曜日

アネットメサジュ展/囲碁

最終日ということで、行ってきました@森美術館
現代美術らしくテラカオスwwという感じの世界。

bloombergの提供で音声解説機がタダで借りられたのは嬉しかった。

つられた熊が引きずられるGifアニメとか有るけど
ちょうどあんな感じの動く作品が有ったのが印象的

全体的に、機械仕掛けで動く作品が多く、そう言う点でも楽しめました。
(なかなか無いよね~)
空気仕掛けで勃起するオティンティンとか何がやりたいんだとw

音声解説機の最後のまとめで
「様々な価値観が壊れゆく現代において、
聖と俗、男と女などの対比を通じて
人間の存在とは何かを問いかけている」と言っていたが
カオス(餃子=チャオズ)を表現したいだけじゃなかろうか

同じく、シティビューでIGO FESTAがやっていた
どちらかというとそちらに行きたかった感じだが、行った時間が悪く昼の部は終了してしまっていた。

囲碁と将棋を嗜好する人の違いを
囲碁は経営者向き
将棋を中間管理職向き
という意見があるけど
確かに日経産業新聞とかでもよく出ていたが経営者層では囲碁を趣味とする人が多い
任天堂の山内然り、M$のビルゲイツ然り。

チェス 機械>人間
将棋  機械≒人間
囲碁  機械<人間 
囲碁の世界では、まだまだ、機械は人間にかなわないそうです。
囲碁覚えたいな~

2008年11月3日月曜日

物理学・数学から経済を解く

11月2日付け日経新聞より

>複雑な経済現象に潜む法則や原理を見つけ出そうと、数学や物理の研究者が挑んでいる。

>予測モデルの開発で先頭を走るスイス連邦工科大学のDソネット教授

>「経済現象を解明する新しい手法が切り開ける」

>データを重視する経済物理学の手法は、従来なら例外と切り捨てていた
>事例も含めて成り立つ理論の確立を目指しており、精密さをより高められると期待

分子(?)のブラウン運動が有名だと思うけど
何でも幅広く勉強することは大切なのかなと思ったりします。

違う分野の研究を、自分の畑で応用してみる。
そう言った思考のメルクマールの重要性を日経ビジネスの佐藤編集長が言っていたことを思い出しました。

大学の学部が
文系→文系→文理系(専攻は理系)
と変わっているわたくしも、幅広く勉強する目的はそこだったりします。

2008年11月2日日曜日

内縁を破棄すると・・・

内縁を不当に破棄されたものは、相手方に対し婚姻予約の不履行を理由として損害賠償を求めることができ、不法行為を理由として損害賠償を求めることもできる。
(最判昭和33.4.11)

不法行為になっちゃうようです。
これは内縁を準婚関係と捉えて、婚姻法の準用による解決を図ろうとしていると評価されているんだけども

未婚のオイラとしては
”不法”と言われると、内縁ですら躊躇しちゃいますな・・・

2008年11月1日土曜日

学び続けること

ここ最近、会社社長や役員などの経営層とのつきあいが多かったのですが
久しぶりに、課長・部長などの中間管理職クラスとお会いしてお話を伺いました
ベースのマインドが全然違うなぁと言うのが感想です

ジョン・コッターは日経ビジネス・マネジメント
「優れリーダーは、学び続ける」と言っている。

もちろん中間管理職も学んではいるものの
個人経営者や役員クラスは自分のスキルアップに月10万とか使っていて
こんなにすごい立場なのに!と思わせてくれる。
(スキルアップの自己投資に関するデータはWizliから)

また、ジョンはこうも言っている
「リーダーとして成長し続ける方法の一つは、常にいろいろなことにアンテナを張り、観察し、自分より何かを知っている人を見つけ、質問を続けることです。」



最近面白いなと思ったこと
TSP
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A1%E5%9B%9E%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%95%8F%E9%A1%8C
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/software/salesman.html
この二つを見比べると、直感的な分かりやすさって大切だなぁと思います。