2008年11月4日火曜日

アネットメサジュ展/囲碁

最終日ということで、行ってきました@森美術館
現代美術らしくテラカオスwwという感じの世界。

bloombergの提供で音声解説機がタダで借りられたのは嬉しかった。

つられた熊が引きずられるGifアニメとか有るけど
ちょうどあんな感じの動く作品が有ったのが印象的

全体的に、機械仕掛けで動く作品が多く、そう言う点でも楽しめました。
(なかなか無いよね~)
空気仕掛けで勃起するオティンティンとか何がやりたいんだとw

音声解説機の最後のまとめで
「様々な価値観が壊れゆく現代において、
聖と俗、男と女などの対比を通じて
人間の存在とは何かを問いかけている」と言っていたが
カオス(餃子=チャオズ)を表現したいだけじゃなかろうか

同じく、シティビューでIGO FESTAがやっていた
どちらかというとそちらに行きたかった感じだが、行った時間が悪く昼の部は終了してしまっていた。

囲碁と将棋を嗜好する人の違いを
囲碁は経営者向き
将棋を中間管理職向き
という意見があるけど
確かに日経産業新聞とかでもよく出ていたが経営者層では囲碁を趣味とする人が多い
任天堂の山内然り、M$のビルゲイツ然り。

チェス 機械>人間
将棋  機械≒人間
囲碁  機械<人間 
囲碁の世界では、まだまだ、機械は人間にかなわないそうです。
囲碁覚えたいな~

0 件のコメント: