2008年11月9日日曜日

他人にごちそうになったら・・・

他人にごちそうになったら

私は本人にもお返しするし
また別の人にごちそうするようにしています。

そこでその人に、返したいと言われたら
「お礼は他の人にしていただければ、善意の連鎖で世界の人がハッピーになると思うので、是非ご協力お願いします。」
と、言うようにしています
(今見返すと、文章として変だな・・・また見直そう←意見求ム)

happy →   happy+happy  →   (happy+happy) + (happy+happy)
=(happykakumei?)

1から始まった愛が1+1でどんどん広まっていけば
ショーペンハウアー的な世界観でも
薄皮一枚、幸せな世界に近づけると考えています

寄付するとかでも良いのです
(ただ、費用対効果を考えると、対面で何かをするべきだと思います)
これからの季節、寒くなるし
ホームレスの人にカイロを買って渡してあげるとかも良いと思いますが、そっから先に続かないよね

みんながハッピーな社会を創りたいなぁ

1 件のコメント:

shichi7_aniki さんのコメント...

初めまして。Twitterからお邪魔しますhawa_alqamaruと申します。
blogを拝見し共感できる箇所があり、一番最初に読ませていただいたページにコメントさせて頂きます。

日本人には隠れた善行を美徳とする趣があるので自分が起点となるのには抵抗がある人間が多いかもしれませんが「何かをしてもらったら返す」という義理堅さと道徳観はいまだ深く根づいてるように感じられます。あと対面で頼まれたことに対しては誰に見られてなくとも約束を守ろうとする気持ち。

大平さん起点の善意のリレーはお人柄と共に相手を経由して、きっと次の人に繋がっていくのでしょうね。

他の方には「自分もして頂いて嬉しかった事を自分の所で途切れさせないよう幸せのおすそわけとして実行するようにしています。」と仰るのはいかがでしょうか。大平さんの熱意を汲み取れる方ならば、それだけでご自分も行動に移されると思いますよ。