2009年1月7日水曜日

3時間睡眠のテクニック

なぜ一日睡眠三時間で大丈夫なのか?
http://kiwipon.blogspot.com/2009/01/blog-post_03.htmlの続き

「睡眠の質を高める工夫」と「日中のパフォーマンスを低下させない工夫」の2つに分類できるが
ぱっと思いつくのは以下。
箇条書きにします。

睡眠の質を高める工夫

  • 寝る1時間半前から強い刺激(光)を受けない
  • ストレスを貯めない(伊藤真 「続ける力」より)
  • 消化の良いものを食べる
  • 寝る2~3時間前からものを食べない
  • アロマ(ラベンダー)
  • 寝る時間(細胞のゴールデンタイムに寝る)



日中で眠くならない工夫
  • 食事の量(日野原重明)・タイミング
  • こまめに昼寝
  • 目を使わない


辺りでしょうか、生活の中で習慣化して、無意識でやっていることも多いので
テクニック自体に結構モレがありそう。

何か興味があるものがございましたら、kwskしてください。

2 件のコメント:

スナフキン さんのコメント...

ここから試行錯誤して個人に合うやり方に落とし込めばなんとかなりそうです。

あとは「信じきる」でしたよね。

ありがとうございました。

大平さんは稀少な遺伝子を持ち合わせたショートスリーパーかもしれませんね。

Kiwiぽん さんのコメント...

遺伝子が有るか無いかも思い込みだと思います。

貴兄に当てはまるかどうかは定かではありませんが
個人的には、睡眠時間を削るよりもすべきことは多いと思います。
私自身、後から振り返って、無駄な時間は少なくないので。