2009年3月3日火曜日

情報の非対称性と就職活動

ここ最近、英語ベースで面接をして頂く機会を頂くことが多かった。


ちょっと気づいた、外国人による面接の良いところは
面接官の情報がインターネットで拾えることが多いということ。


面接官の名前がわかれば、対策が立てられる
おかげで、相手の誕生日もわかるし、コネクションや趣味までわかる。
ラポールし放題で、やりやすかったです。

ネットに対する考え方の違いからか、
外国人はMySpaceやLinkedInで公開している人が多い
一方で、日本人はそんなウェブサービスを利用している人は少ない。

これからは(どれだけ先になるかはわからないが)、採用の課程でも、名前をネットで検索されて
いろいろ調べられると言うことが増えてくるんでしょうね。


というわけで、facebookやLinkedInを利用されている方は
この機会に、是非私と繋がってください。
http://www.linkedin.com/in/kiwipon
http://www.facebook.com/home.php#/profile.php?id=797279790&ref=name
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=456891479

facebook と MySpace
私の周りではどちらが利用者が多いのでしょうか・・・


あと、このブログの数がいつの間にか月刊PV2200とかになっていた。
訪問数1200で、ユニークユーザーが500ぐらい。
いつもご注目頂き、ありがとうございます♪♪


目が痒い~鼻水トマンネ~で死にそう。
花粉症に妨害されて2時間と寝られないしwww
さいきんみょーにイライラしてます。

0 件のコメント: