2009年4月1日水曜日

知人が本を出版したら・・・

まず自分が買う。
やはり、著者というものは本が売れると嬉しいようです。
自分が精魂込めて作ったものだから、それを認められるってことですから。

そして、近所の図書館にリクエストする。
>理由は、取り寄せリクエストのある本を、図書館は積極的に購入するからです。
>(リクエストがある→市民の需要があるという理屈で)

湯浅誠が無名時代に
みんなで方々の図書館にリクエストしまくったことを思い出しました。


あるいは
別の友人は本の出版パーティに行って、売れ残った本を全部買い占め、
そして、全部にサインを貰って、配り歩く。そんなことをしています。
インパクトあるし、著者も記憶に留めます。

サイン本なら貰った人も嬉しい。
南原竜樹
甲田英司
のサイン本を持っているのは、そう言った友人がいるおかげです。

そんなお金の使い方ができれば最高だね。

0 件のコメント: