2009年5月4日月曜日

美術鑑賞の技法

おね-さんをナンパして
国立新美術館での ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち に行ってきた

学割で−300円
森美術館の半券で−100円
+Suica(クレジットカード)利用で既にポイントが付与されている
ということで基本1500円の入館料もちょっぴりお得に。

レストランで鶏肉を食す。
美味なり。
ここのレストランは景色も素晴らしい。

庭にある光合成の木
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B7%9D%E6%BB%8B%E5%AD%90
が不思議な雰囲気を醸し出している。

音声ガイドを借りず、
自由に、想像しながら鑑賞。
#音声ガイドはあまり好きではない、500円も払う価値があるのか・・・
#また、時間を規律されるというのも気に入らない。どうせなら倍速再生可能にして欲しい。
結局2時間も回って
創造力と想像力のコラボレーションを楽しんだ。

次は阿修羅展じゃ
平日に行った方が良いのかなぁ?どう思います?

0 件のコメント: