2009年6月29日月曜日

生活保護・BI・最低賃金

前エントリーに続いて。
http://kiwipon.blogspot.com/2009/06/blog-post_5233.html

山崎元さんのブログで
http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/08a0367e8e8cd88c683ed1725f7435a5

他方、湯浅氏は、生活保護と最低賃金について「最低賃金と生活保護基準を同じレベルの問題として考える必要がある」と仰っているが、これはもう一つピンと来ない。
セーフティーネットは企業と関係なく、個人個人を対象として政府と社会が作るべきものだろう。


昨日のシンポジウムで一番違和感を感じたのは
基本的に労使対立の二軸で物事を考え。
使の側に政府を放り込んで
労働者VS企業+政府
という頭の中になっている点。
左翼の頭の中は50年前から何も変わっていない。


最低賃金を上げることは、はっきり言って企業の負担だ
私の関心事が生活保護からベーシック・インカムに移行したのは
企業にメリットがあるから。

大抵の組織体は、 企業にしろ、軍隊にしろ、NPOにしろ
最大の重荷は、人件費。

BIで合理化することにより
・(年金などの)社会福祉
・賃金
の企業負担を減らすことができ、企業に活力が出ると考えている。

良い仕事で働くことをアイデンティティにすれば、楽しく生きられるし
仕事のパフォーマンスも上がるのではないでしょうか。



ただ、今の私の給料が、最低賃金法の改正(上昇)があれば上がることも事実(笑)

↓今読んでいる本。

派遣村閉村・シンポジウム

昨日、派遣村(東京派遣村)シンポジウムに行ってきたので
「今こそ、労働者派遣法の抜本改正とセーフティネットの構築を」にいってきた。
いくつか気になった点をメモ

小久保先生
・生保が最初で最後のセーフティネット
・精神系が多かった

湯浅プレゼン
・もともと短期間で解散する予定だったが情勢が悪かったので長くやらざるを得なかった。
・自力救済を言うのは滑り台を駆け上れと言っていること→10人に1人しかできない。
      正規 (労働系)
      ↑
闘えない←    →闘える
      ↓
(生活系)非正規

各政党
・みずほchan「意義:超党派のネットワークができた」
・同「生活保護の母子加算が内閣で承認された」
・菅直人「派遣労働制度の生で技術伝承がされない」
・共産党小池「派遣は全部禁止すべし」(社民・民主と違うため共同歩調を取らず)
・同「貧困の統計を取っていないこと問題」
・田中康夫(メッセージのみ)「セブンイレブンの再販云々は統制経済」
・同「BIをマニフェストに」

各地報告
・生保担当者疲弊→CW増やせ+1(浜松)
・たすけても助けても(県外からも)次々来る(広島)
・シェルター有り→広島・鹿児島

シンポ
・問題が複雑・多層化していて本人すら何が問題か認識できていない。
・(滑り台につき)生活保護しか無いという問題。
・他方他施策
・生活保護の法定調査期間の問題。2種施設の問題。

諸団体(女性団体)
・女性の貧困可視化されていない
・女性は一貫して貧乏(家族単位だから個人としては)
・保護される スティグマとセット
諸団体(医療)
・保険証無い人多い
・34万が何らかの形で取り上げられ、無保険者は統計がないので分からないが少なくとも100万は居るだろう。
三菱ふそう 裁判原告
・何とかできると思ってしまった
・がんばらなきゃ

まとめ
・本来、雇用して労働力を確保することは難しかった。しかし、派遣があるからいつでも雇用可能→安易なfire
・家がない人にすぐに対応できるようにシェルターが欲しい


感想
初期段階。というか、旗振りをやっていたのは労働系の人たち。
それを組織化して、闘争に利用しようとしていたんだけど

派遣村に来るような人たちは基本的に弱すぎるので
(生活系)(労働系)と二つに分かれる中で、
後者は抜け落ちていった感じ。
労働問題以前に、生きていけないと言うことが最大の問題だ。

各党から挨拶に来ていたのですが
福島瑞穂が一番、話が上手で拍手も多かった。
菅直人はDullな感じ。拍手も少ない。俺でも政治家になれるかもとか思ってしまったw
共産党は話の内容はイマイチだったのに拍手が多かったのは、やっぱり色のついた人たちが集まっていたからでしょう。

シェルターがある地域はやっぱり強い。
関東圏はシェルターの不在が問題か、どこでも作りたがっている。
シェルター:法定調査期間(2w内)の居場所の一時施設と考えて良い。

自動車会社に解雇され、正規雇用を求めて提訴する人が居た。
ただ、そんなことをしても何も変わらないと思うんだけどね・・・
GMみたいに会社を潰す気かい?

生活系の切実な(切迫した)話は参考になったけど、
労働系の人たちは、なんかズレてるんだよね・・・視野が狭すぎるって事だろうけど。


あ、そうそう、彼らは「国際競争力」という言葉が嫌いみたいです。
おいらは(海外育ちだからか)大好きです。
日本を強くしたいです。

湯浅誠・宇都宮健児編『派遣村―何が問われているのか』


待機児童の増加。

待機児童、首都圏で急増 94市区調査、共働き影響
http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY200906280235.html

こう言うのを見ると、一瞬
少子化って本当なの? と疑いたくなる。
しかし、少子化なのにこういう事が起こっている頃が問題だ。

景気の悪化に伴い、共働き。でなくば、生計を立てられない家庭が増えているのでしょう。

ただ、景気悪化の前から待機児童の問題は言われてきたのに、
中央政府の対応の遅さ・有効な手立てを打ってこなかったということだろう。
未来をはぐぐむ次世代がよりよい環境で育たないことはとても危険だと思う。

ちょっと上の世代だとありがちな、男が女を養うという発想や性別的役割分業というものは、既に時代遅れであろう。
ただ、同世代でも意識の奥底に、男が女を養わなくてはいけない的なものが残っているな
と感じることが良くある。今までそういうモデルしかなく、小さい頃から刷り込まれつつ、矛盾を感じながら育った故の言動と思われる。

ちょっと前まで婚活していた女の子が言っていたのは
「養ってくれるような男を捜していたが、見つからなかった
 だから自分で生きていけるように、資格を取る。」
逞しい。



それにしても、中央政府の遅さと言うものは織り込み済みなので
その隙間を埋めるような
何か良いビジネスモデルは作れないのだろうか。

シニア世代は暇と育児のノウハウとかがあるだろうから
その辺りを活かせないだろうか。
あと、問題はお金をどう回すかかなぁ

病児保育・病後児保育のフローレンス
http://www.florence.or.jp/

この辺りを参考にするか、ここに話を持って行くか。

2009年6月28日日曜日

だめな日

今日は本当にだめな一日でした。

iPhoneは作れないし
合流はできないし、
閉会式には参加できなかったし

とにかく、やることすべてが裏目に出ていましたね。


そんな私を現世に繋げていてくれたのは、尊敬するO先生が声をかけて下さったから。
ありがとうございました。


ちなみに。ソフトバンクだけが住民基本台帳カードでは携帯の本人認証として使えないとのこと。
au, docomo, EM, Willcomは住基カードでOKなのに、
ソフトバンクだけが・・・。

公的な個人認証の制度がRejectされるという自体に
政府や行政機関への信認の揺らぎを感じました。

2009年6月27日土曜日

先日、手塚治虫展に行ってきました。

手塚作品は大好きだ。
多分、殆ど読んでいる。

先日、ソウルメイトの福山さんhttp://twitter.com/TSHFKYM
に手塚治虫展のチケットを頂いて、自転車を漕ぐこと10分足らず。
行ってきました。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2009/0418/200904.html


手塚治虫は聖書物語・ブッダとキリスト教・仏教の素養があることに共感を覚え、

帰りのお土産物屋さんで、
ブッダ全巻を衝動買いしそうになり、イエスの声が聞こえ思いとどまる。
→元ネタ
聖☆おにいさん 1 (モーニングKC)



そして何よりも、私の心を捉えたのは
「医者」か「漫画家」の選択での葛藤の描写
恩師に
具体的に何をやりたか決まってなければ、今何をやるべきか絞れない。
かといって、何をやりたいか今決めることもできないよね。
鶏と卵になってしまう。
だからこそ今何をやるかは「決め」の問題なんだよね。
決めないと、あちこち気がいってしまう。
体育会系の強いところは、野球とかそれ自体は全然役に立たないんだけど、決め
てやる集中力が養われる。会社にしてみれば本人がどんなに不器用でも、目標さ
え達成してくれればいいので、目標達成という結果を出す人間を取るというのは
合理性がある。能力のある人間はいらなくて、結果を出す人間が求められる。

院なら院、就職なら就職と、何か決めてしまうというのはどうかな。
決めるのも無理矢理だし、決めたことも実現させるのも無理矢理。
その無理矢理を通せることを、力という。

と言われた事を思い出しました。

また、以下のようなメールも頂きました。
私の場合、音楽家、主本主義中のサラリーマン戦士、どちらも確立する約束は何一つない状態ではありましたが、
いずれも決めたからには一流になる前提で大学2年生の時に葛藤していました。


まさに今、「決め」の時期に置かれている中で、良い刺激になりました。
感謝



余談
お土産屋さんをのぞくだけでも面白かった。
医学生の子にブラックジャックの名台詞トイレットペーパーを買っていったら
ことのほか喜んでもらえた。

閑話休題
http://kansuke426.blogspot.com/2009_04_01_archive.html
ブロガーのトラックバック機能に係る苦悩。
トラックバックさえ送れれば Bloggers 最強なんです。
まあトラックバックスパムとかをさせないためなんでしょけど。

私も、今これが壁。
正直、移行しようかなとも思っています。
どこが良いでしょうか・・・?

2009年6月25日木曜日

ポジティブシンキング

イーモバイルの端末を無くしてしまったんだけど

PCを安く手に入れているので、2年の縛りがあって解約できない。

何らかのお導きに違いない。と考え。

通信料MAXまで使っていたので、
固定費そのままのイメージで
差額分にて携帯を買うことにしました。

au携帯→MNPでソフトバンクに移行。3GSもちろん安い方の16G

どこで買うかによって特典がずいぶん違いますね。
・アキバのヨドバシは特典デフォルト(ただとも+MNPで10000)だけど
・六本木のソフトバンク店舗はいろいろお得?+3000+5000(?)

BIG お父さんストラップは商品券との選択、ということは実質5000円ですか・・・
その選択はアリエナーイ(いくら妹にねだられても・・・)

##ヤフオクで調べたところ、BIGお父さんストラップの方が良いかも・・・
常識にとらわれていては行けないと感じた。

2009年6月22日月曜日

■アマゾンキャンペーン『お金と生き方の学校』

小幡先生にはよくお会いするけど
凄くいい人だし、面白い。Perfume好きだし。

小池龍之介は禅僧だし。
DanKogaiは偉いプログラマーだし。日本一の読書家だ。
苫米地英人に至ってはオウムの脱洗脳だし。
杏野はるなはしょこたん以上のゲーマーだし。

でも、この本はワクテカです。

話者もそうなんだけど、
新田氏はお笑い・落語好きで、面白い話を引き出せる人なので、期待大です。


ただ・・・
綿密なマーケティング戦略に基づいての予約キャンペーンをなのでしょうが
正直言うと、発売前は勧めづらい。

相場関係は恨みを買いやすく、アンチは多いんだろうけど。
>予想屋さんじゃないから妬みですか。

新田ヒカル『新しい社会のための教科書 お金と生き方の学校』


■アマゾンキャンペーン
・6月22日(月)~24日(水)にアマゾンで予約購入された方には、次の2つの特典が
あります。

特典1 「ライフデザイン教室無料招待」
東京、大阪各30名です。(受講経験のある方は対象外です)

特典2 「小飼弾 × 新田ヒカル トーク映像」
他では公開できない内容を、キャンペーン限定でお届けします。

■応募方法
ステップ1
6月22日(月)~24日(水)の期間中に、オンライン書店アマゾンにて『お金と生き
方の学校』を予約購入。アマゾンから注文確認メールが届きます。

ステップ2
6月24日(水)23:59までに、専用フォームにお名前、メールアドレス、注文確認
メールに書かれている注文番号を記入して下さい。
専用フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=405303

以上、2ステップのみです。

2週間ほどで、お送りいただいたメールアドレス宛に特典をお送りします。

(注) 本キャンペーンは、新田ヒカルとサンガが共同でおこなうものであり、オ
ンライン書店アマゾンは一切関係ございません。個人情報については、原則新刊
の案内のみに用いられます。専用フォームへの記入に誤りがある場合、特典対象
外となります。

■アフィリエイト収益
本書がアマゾンで売れることによって得られるアフィリエイト収益は新田書店と
同様、全額、寄付、若手の育成、ベーシックインカム活動などに使われます



元記事
http://blog.hikaru225.com/?eid=985738

父の日。

朝、アポを2件こなして
10時からのコミュニティ運営の打ち合わせをしていたときに
じーさん危篤との知らせが入る。

ちょっと混乱しているうちにFellowsに、さっさと池と発破をかけられる。
タクシー代借りてそのまま名古屋に直行。

電車の中では取材用の雑誌と図書館で借りた本を読む。
あいにくの雨で富士山は見られず。

13時頃に現地に到着しご対面。
意識不明と聞いていたが
私が行ったときには丁度、意識を回復していた。
妹が言うのはものすごい良いタイミング
奇跡だってさ。

5~6年ぶりに顔を合わせるのかな。
涙なんか出ないのに、
涙を流して喜んでいた。
何か言おうとしていたみたいだけど、声になっていない。

どうやら、程なくしてまた反応が鈍くなったので
本当に良いタイミングで行けたんだそうだ。



さて、本当に死ぬときに
「まだ大丈夫だよ」って言われるのと
「乙。今までありがとう」って言われるのと
どっちが良いんだろう。

私は後者かな。
だから、後者で声をかけようと思ったんだけど
周りの人たち的には前者で声をかけろとのこと。
まだ、何かしてくれなんて言うと、これから死ぬ人が悔いが残ると思うし、
安らかに死なせてやれよと思うんだけど。

今週は、本当にやること山積です。
止まっている暇は無いんだ。

まぁなんだかんだで良い父の日になっが気がします。
ちちちちですが。

2009年6月18日木曜日

必要なときに必要な人・モノが顕れる

今日は月一の朝食会
http://www.3moku.com/

最近タスクを抱えすぎてパンク状態だった。

どう処理すればいいか
どう優先順位をつけて良いのか
困っていた。

昨日の時点ではあまりにもやることが多すぎるので
リストアップして、ソートして
絞った。

そして、今朝お会いしたのが植西聡氏だ
訳書を含め国内外で200冊もの本を出されている方で
今は、日曜日にヨガ教室などをされている方。

本をお持ち頂いていて
手にとって見せてもらうことがあり
ぱっと開いたページに優先順位の付け方が書かれていた。

あまりにもタイミングが良すぎて驚いた。

ちなみにヨガ教室は入会金なしの一回500円
先週会計士の天野敦之さんのお話を聴いて興味をもっていたが、良い切っ掛けがなかったところ。
日曜日の1100~1230でやっているみたい
今週末はコミュニティがあるので行けませんが、機を見て参加しようと思う。

植西 聡『マーフィー人生は強く願った通りに生きられる!―あなたの夢が必ずかなう「プラス発想」の方法』 (成美文庫)

2009年6月13日土曜日

社会を幸せにする働き方

社会を幸せにする働き方
http://kiwipon.blogspot.com/2009/05/blog-post_27.html
に行ってきました。

伊藤和子さん、天野敦之さんのお話と
ディスカッション。

このセミナーのディスカッションと言う形式はネットワーキングイベントをする際にもかなり使えそうだ。

伊藤さんのお話は年初のライブラリートークで伺ったものとあまり変わらなかったのですが
天野さんのお話はなかなか面白かった。

ヨガを通じての気づき
・幸せとは自分の中にあるもの。
・本来のビジネスとは、幸せの対価
・金融は何も生み出しては居ない
・利己と利他の区別が無くなる 「自分と他人との違いは錯覚」アインシュタイン
・自分らしく楽しくする
・楽しいことはラクではなく、むしろツライぐらいだ

ディスカッション「理想の働き方/ワクワクする仕事」
~まとめ~
人は自分のスキル・したことを通じて、他人の役に立ったときにやり甲斐を感じるらしい。
#と言うことは私は何が出来るか?のスキルを磨かなくては行けない。。
#決まった形はないので、自分の出来ること・スキルを軸に、自分なりのモデルを構築しなくてはならない・・・


「誰に対して、どんな価値を生み出せるか?
 どういう価値・お金の移転があるか?」
「先にビジネスのフレームワークではなく、どういう価値を生み出すかが先に大切」
「上場すると、短期的な視点・プロフィットを求められてしまうため、上場しても良いことはない」

http://www.youtube.com/watch?v=BFnn04WDg0k

天野敦之 君を幸せにする会社



天野敦之 価値を創造する会計 (PHPビジネス新書)

目標宣言

東大の公共政策大学院に入りたい

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/

何が何でも入りたい。


社会を良くして行くには、現状の「改善」と、現状にこだわらない「より良い仕組み作り」両方が必要。
湯浅さんや弁護士の知人たちがやっているのは前者。
私は後者に関わりたい。


http://riox.jp/item/800
ググったら出てきた(自分用にブックマーク)

2009年6月11日木曜日

キーボード到着

またもやコーヒーをキーボードにこぼしてしまい
しばらく、外部接続キーボードを持ち歩くという、みっともないことをしていましたが

ついに到着。
さすがに今回は学習して、キーボードカバーも頼みました。

黒のキーボードを使っていましたが、今度は趣向を凝らして白をオーダー
キートップを入れ替えて自分なりにカスタマイズ。

題して「白黒はっきりしない男」

上の配列と下の配列どっちが綺麗に見えます?


文字とかにしても面白いかもね。

2009年6月10日水曜日

子供の貧困とベーシック・インカム

academyhillsのメンバーの知人から以下のサイトをご紹介頂きました。

http://www.geocities.jp/yamamrhr/ProIKE0911-116.html

>ベーシックインカムとの関連でこのような問題をどうお考えかお知らせ願えればと思います。
と言われたので・・・

子供の貧困に関しては
参考文献の「こどもの最貧国・日本」、山野 良一、光文社新書
は既に読んでいて、また、虐待や少年事件などの観点からも関心があり
親の生活・文化度が一つの大きな原因と考えています。

ベーシック・インカム導入で所得が上がることにより
文化的水準が上がり、教育にも投資できるようになって
日本全体の底上げが出来るとは思っています。

優秀な次世代が育たなければ、日本は沈んでいきます。
少子化なら少子化で少ない子供を社会が(社会で)どう育てていくか
を考えると、ワーキングプアな親の存在は看過できません。

発言と責任

http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/3607/year/2009/publish/3

mixiも公開設定に気をつけないと、内輪だけの繋がりでも足下をすくわれる。

もっとも、blogやtwitterは全公開。
一応いろいろと気をつけてはいるつもりですが。

基本的に60%~80%程度の仕上がりでアップしてしまうので
(パレートの法則的に)
何かあったら指摘してもらえるととても助かります。


それにしても最近タスクを抱えすぎだ
きちんと優先順位をつけてこなさなくては。

あと、最近はTwitterがメインです
よろしければフォローくださいませ
Twitterアカウントをお持ちでない方も、この機会に使っていくようにした方が良いと思います。

http://twitter.com/kiwipon

あと情報はiGoogleを使っています。
私なりの工夫した設定情報をいろんな人にShareするようにしています。
ご興味がありましたらご連絡ください。
こんな工夫してるよ!と言う方が居たら教えてくださいね。

2009年6月9日火曜日

アカデミーヒルズでプリントアウトサービス

アカデミーヒルズでプリントアウトサービスが使えるようになった。
実は結構困っていた。
ますます便利になる。嬉しいことだ。

ドライバのダウンロードは以下
http://download.fujixerox.co.jp/apeosport/download/c4300series/artex_2k_1.html
変わっているみたい
http://download.fujixerox.co.jp/apeosport/download/c4300series/artex_2k/index.html

12時追記
40Fと49Fはプリンタが違うためドライバも違う
http://download.fujixerox.co.jp/apeosport/download/c4400/artex_2k/index.html

ちなみに両方XPのドライバです

2009年6月5日金曜日

ライフスタイルサロン 近代文学を作り上げた編集力(メモ)

ライフスタイルサロン
http://www.academyhills.com/library/event/tqe2it000002hmlo.html

・竹中平蔵
・安藤礼二
・鹿島茂

のコラボレーション

文学と経済システムの絡みを
「人口動態学」を軸にお話しいただきました。

冒頭、面白かったのは「世紀15年ずれ込み説」
WWⅠ、ナポレオン、ルイ、アンリ
などフランスの歴史の上で重要な年は
XX15年だと言うこと。


デュマ/ユゴー/バルザック

人口と識字率の向上は社会に大きな変革をもたらした
リテラシーの向上→ヨクボーに繋がる。

新聞王、ジラルダン

サンシモン主義
フーリエ

デパートと美術館
何でも良いから来させる
欲望を発生させる
→万博の仕組み

2015年
機能性・装飾性のせめぎ合い。

イノベーションとは既にあるものを使って無いものを作る


文学とは社会の雄弁な表現形態

2009年6月4日木曜日

6日(土)昼~ 空いている人居ます?

本田健(ユダヤ人富豪の教えetc)の講演会のチケットがあまってるんだ。 興味がある方メールください。 daiheiwa@gmail.com




~大恐慌時代でも自分の夢を実現する法~


日時: 2009年6月6日(土)  13:00開演 (開場12:00)
終了は 16:00頃予定(若干変更の場合があります)

会場: 日比谷公会堂
http://hibiya-kokaido.com/

2009年6月1日月曜日

電話に出ない自由

ライブラリートーク SYNAPSEにて
松村太郎×小山龍介

で松村氏が
若者は電話に出ないという選択があることに驚いていたが
自分としては普通だ。

掛かってきた相手によって出る出ないの判断をする。
(耳が遠く)、電話は苦手なので掛かってきた電話には基本的に出ない。#kiduku koto mo sukunai
相手によっては出る。#according to timing

昔は誰から掛かってきたか分からなかったからとりあえず出ていたが、今は基本的に誰から掛かってきたか分かるので出る出ないの判断が出来てしまうと言うことだろう。

「慣れ」の違いなのかなぁ。