2009年6月22日月曜日

父の日。

朝、アポを2件こなして
10時からのコミュニティ運営の打ち合わせをしていたときに
じーさん危篤との知らせが入る。

ちょっと混乱しているうちにFellowsに、さっさと池と発破をかけられる。
タクシー代借りてそのまま名古屋に直行。

電車の中では取材用の雑誌と図書館で借りた本を読む。
あいにくの雨で富士山は見られず。

13時頃に現地に到着しご対面。
意識不明と聞いていたが
私が行ったときには丁度、意識を回復していた。
妹が言うのはものすごい良いタイミング
奇跡だってさ。

5~6年ぶりに顔を合わせるのかな。
涙なんか出ないのに、
涙を流して喜んでいた。
何か言おうとしていたみたいだけど、声になっていない。

どうやら、程なくしてまた反応が鈍くなったので
本当に良いタイミングで行けたんだそうだ。



さて、本当に死ぬときに
「まだ大丈夫だよ」って言われるのと
「乙。今までありがとう」って言われるのと
どっちが良いんだろう。

私は後者かな。
だから、後者で声をかけようと思ったんだけど
周りの人たち的には前者で声をかけろとのこと。
まだ、何かしてくれなんて言うと、これから死ぬ人が悔いが残ると思うし、
安らかに死なせてやれよと思うんだけど。

今週は、本当にやること山積です。
止まっている暇は無いんだ。

まぁなんだかんだで良い父の日になっが気がします。
ちちちちですが。

0 件のコメント: