2009年7月22日水曜日

本の売り方。


http://shukuwa.jp/modules/d3blog/details.php?bid=156

書店に手作りポップを作って持って行ってあげると意外と喜ばれる。

書店も手間が省けるし、本が売れれば尚良い。
(というか、目を引くものがあれば売れる確率は格段に上がる)
著者と書店、出版社
Win-Win-Winですね

湯浅さんがまだ有名じゃなかった頃は、みんなでポップを持って営業に行ったっけ。
自分にもうちょっとデザイン力が有れば営業に行くんだけど。


宿輪純一『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』


お世話になっている宿輪さんの本
朝日新聞に連載中のコラム“シネマ経済学”を元に作られた一冊。
一回新聞のフィルターが入っているし、クオリティは高い。

映画好きで経済的な視点が欲しい人にはお薦めの一冊。

0 件のコメント: