2009年7月27日月曜日

お金の使い方の感覚の違い。

お金の使い方の感覚の違い。

ちょっと、他の人と感覚が違うのかなと思ったことが先日ありました。
先日、知人たちの出版記念講演会に行ってきました。小幡績先生新田ヒカルさん

チケットは前売り制だと言うことなので、紀伊国屋本店に出向いて購入。
一席1000円と言うことなのでとりあえず3枚購入しました。
あらかじめ誰かを誘っていたわけではありませんが、なぜ2枚余分に購入したのか。

こういった講演会において、主宰者側に取って望ましいことは、
1.チケットが全部売れて欲しい。
2.席が全部埋まって欲しい。
ということなので、とりあえず1に微力ながら協力したわけです。

自腹を切れば、自然と2の営業へ心は向かいます。
友達がおらんかったら、ネットで公募して友達作りのきっかけにすればええねん。

会場で、共通の知人何人かにお会いしたのですが、
彼らは自分の分しか買わなかったそうです。そこに意識のズレを感じました。

人に使ったお金は返ってきます。
というよりも、私はいつもお金が返ってくるような使い方を意識しています。
この辺りの、お金の使い方はヒルズ(クラブ)に出入りしている人たちから学んだ面が多い。

本の即売会もやっていたので、とりあえず一冊購入。
これも、本が売れて欲しいという主宰者の願いを行動に表しただけです。

私にもっとお金があれば、そこに並んでいたサイン本の残りは全て買い占めたことでしょう。
サインが入った本は無い本に比べて、魂が入っています。
そういった魂の入った本は、人にプレゼントすればとても喜ばれます。

アキのように、セルフフイメージを高めるためにお金を使うのも悪くはないと思いますが・・・
http://blog.livedoor.jp/aki40_365/archives/51225363.html
>自らのコンフォートゾーンの向上にも役立ちそうです。

私の1,000円の感覚は1週間分の昼食代です。
だからチケットを2枚余分に買うために2週間昼ご飯を我慢しなくてはならない。
自分の空腹を一時的に満たすよりは人に使った方が良いでしょう。

それでもホームレスにお金を恵もうとは思いません。
彼らはお金の良い使い方を知らない。だからホームレスになってしまうとも感じています。
ホームレスになりたくなければ、よりよいお金の使い方
お金が生きる使い方ををマスターしませう。


↑このランキングの数、良いなぁ

1 件のコメント:

アキ さんのコメント...

良いお金の使い方、勉強になりました。ありがとう!