2009年8月5日水曜日

Microsoft Word からのブログの投稿実験

実験です。

昨日の日記でも書きますか。


昨日は朝の仕事が終わってから、家で原稿を書く気にはなれなかったので、外に出ることに。

持っていたぐるっとパスが最終日だったので、以前計算したところ1850円分しか利用しておらず、元を取らなくては!と思い葛西臨海水族園へ行きました。

長居出来るほど時間はないので1時間だけと決めて、スピーディに回りました。

泳いでいるマグロがとても迫力がありましたが、全体数としては少ない印象を受けました。


海外の協力水族館の中にNew ZealandのKelly Tarlton's Underwater Worldがあり、とても懐かしく思いました。

ここはトンネル式の水族館で、とても素敵ですお勧め。

サメの歯形をいっぱい売っています(ました:今は知らない)

そんな感じでちょっぴりホームシックに(笑)


その後は、大手町にあるうちの新本社に遊びに行ってきました。

これは、Roppongi Learning Communityの前回の定例会でメンバーのInoccuさんが紹介していた

NIOのカフェ太陽樹に行くためです。

http://www.nikkeinio.com/

そこで原稿を書きました。Wi-fiがなく、インターネットが繋がらない環境でしたが、それはそれで集中できて良いなと言う感じ。

なお、関内は撮影禁止らしく、写真を撮ったら警備員の人が来て、注意されました。``;;

NIOでは日経テレコンやヴェリタスオンラインなどが無料で試用できるので、

調べ物をしながら執筆するのにはもしかしたら、図書館よりも良いのかもしれません。


昼には、会社に戻り仕事をして、

夕方にはIISIA(いーしゃ・原田武夫国際戦略情報研究所)にて情報リテラシーを学ぶ。


明治初期の、英国東洋銀行(オリエンタルバンク)の動向を見て、国際資本がどうやって動いていったか。そしてこれからどう動いていくのかを考えました。


その後は、外務省に内定したS君による政策提言(というより、研究だったな)

ODAについて、いろいろと研究して教えてくれた感じですが、

その後の原田先生によるODAの実体とは一体何なのかの話がとても勉強になり、凄かったです・・・・

原田先生の得意なものを引き出して話させる、S君その巧みさに舌を巻きました・・・



原田先生が凄いのは、ハンパじゃない情報量と洞察力。

自慢ではないのですが、私は、人から物事を吸収するのが早く、3ヶ月も一緒にいると(知的な面で)飽きてしまう事が多々あるのですが、はっきり言って原田先生にはこの先も飽きる気がしません。

それだけ、今までの蓄積があるし、継続的に学び続けるて居る方なのです。

原田先生曰く「人生とは学び続けること」

それに加え、、私が原田先生に言われたのは「ずっとInputだけでは行けない。何らかのかたちでOutputしていかないとだめだ」とのアドバイス。


興味がある方は是非IISIAスクール(社会人向け)IISIAプレップ・スクール(学生向け)に参加してみてください。

IISIAによる予測分析が当たるか当たらないかではなく、どのように情報を咀嚼し次の行動に活かすか、考えられるだけの頭を養うこと。

これが情報リテラシーの妙味です。




あ、これ使いやすい・・・

0 件のコメント: