2010年6月6日日曜日

横浜開港祭Ustream中継 個人的な反省など、、

NTTドコモ神奈川支店さんと協力して横浜開港祭でUstreamによる中継をやりました。

●経緯
初めはiPhoneでユーストやる人を沢山集めて多チャンネルでやろうとしました。
孫さんや光通信を絡めて企画委員会に話をもって行こうとしていました。
で紆余曲折ありで、広報渉外委員会につながったのが連休明けの5月中旬。

ところが、スポンサーにNTTドコモがいるため、iPhoneつまりはソフトバンクを利用した企画はダメだと却下されたものの、動画のコンテンツが欲しいということで、ドコモを巻き込んでやろうということになりました。その週のうちに企画書を練り直し再提出、翌週には広報渉外の方がNTTドコモと簡単な折衝をして戴いていたようで、その翌週月曜日にNTTドコモへ出向き交渉水曜日にページ作成→木曜日にXperia受け取り→金曜日に下見。で土日に開港祭当日を迎える。。という強行スケジュールでした。


●画質について
後から撮影していた動画を観ると最初の方は手ブレの酷さが目だちますが、後々に改善されているのがわかります。
(毎回小反省会を行い、テクニックやノウハウの共有をし、2日目と3日目の間には反省&対策会議で
その集大成として最終日には良い放送ができたと思っている。)

なお、うちの大学の授業でスタンフォード大学客員教授のデザイン工学の先生がで、多少の手ブレは現場の臨場感を伝えるコトができる。とあってちょっとの慰めになりました。


また、携帯で撮影した動画のため画質が低く、パソコンで大きめ表示すると画像の粗さが目立ちますが、逆に低画質で良かった点を上げておくと、
・撮影許可が得やすかった
・肖像権に配慮する必要が小さかった
があります。

*ちょっといいわけ
一日目にライブを放置で中継
雨が降っていたし、寒かったのでのでそのまま外で中継を継続するのは困難であり、パソコンに防水・防風の防護処理を施してPCを離れていたころ、厳しいツッコミが入った。


●その他
もともとの構想がiPhoneでustする人を沢山集めて、たくさんチャンネルを並べてやっちゃおうという構想を持っていて、Xperiaを前提とするようになり、チャンネル数を削ってやることになりましたが。
最終日の花火に関しては、多くの協力者を得て、特設ページ3を設置し多元中継することができて嬉しかった。


なお、会社として動いていたのに、(しかもボランティア)
大人の事情で会社のアピールも出来なかったが、まぁ、良いコトができたように思います。

あとは、後日評価をいただいた点を列記
・(昨年100万人を動員した)大規模イベントにソーシャルメディアを取り込んだ点
・ソフトバンク色が強いUstreamにドコモを引き込んだ点
・有名人(杉山清貴氏)のライブを配信した点
・同時多元的な中継を試みた点
あとほかに何かあったかな・・


最後に、広報渉外委員会の方、そして誰よりも熱い情熱を注いでいた広報渉外委員長に感謝です。