2010年10月15日金曜日

ベーシック・インカムの視点1:社会保障についての考え方

社会保障の役割としてセーフティネットという考え方があります。

社会の中で綱渡りをしている人が落ちても大丈夫なように
落下防止のネットをというわけです

(現在そのセーフティネットが機能しているかというと、
生活保護などの福祉の現場に携わる人間として、
機能不全に陥っていると断言できます。)

しかし、セーフティネットという考え方は時代遅れのように思います。
なぜなら、成熟したこの社会・経済では綱渡りをしようという人間はほんの僅かだからです。

社会には(本人が意図しないところで)働かなくても生きてける人がいるし、手段もあります。

私はこの辺りの、考え方を転換すべき時期に来ていると考えます。

つまり、
社会保障を原動力に、社会・経済回していき、
→ そこから、租税を発生させ、再度社会保障に回す。
という循環が必要だと考えています。

いうなれば、社会保障を一つの駆動輪として
社会・経済という大きな輪の二つの輪っか(若しくは歯車)を互いに回していく という発想です。

その駆動輪となりうるのが「ベーシック・インカム」であると私は考えています。

0 件のコメント: