2011年4月4日月曜日

平時じゃないからこそ情報リテラシーが重要

原発から約10kmの「浪江町」に残る人物が2ちゃんねるに降臨 「起きたら鼻血で血まみれ」
http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1411.html

ずっとダッシュ村のある浪江にいますよ。最近酷い頭痛と起きたら鼻血で血まみれになりました。中々死なないもんですね…。
「まあ、死ぬ気です。浪江の空気ヤバいよw ジョギングしたら気を失うレベル」

などの、エントリーが話題になっています。


元のエントリー自体も、エイプリールフールに投稿されたエントリーであることを踏まえ基本的に疑ってかかるべきだと思いますが。

事実であると思われることは
・浪江町から投稿している人物がいる。
・人が閑散としている。
・犬が放されている。
の3点です。
(写真を加工している可能性を無視すれば)


一方で、どう考えても、このあたりはネタです。
「ドコモとauは死んでる。こいつのおかげでいままで生きてる。iPhoneマジ神アイテム」
ドコモ・auが死んでいて、ソフトバンクが生きているとか変でしょう。
(いろんな辺鄙なところに行った経験からも)



それ以外の部分については、よくわからないというのが実際のところです。



多分、みんなわかって読んでいると思うんだけど
犬とかの写真のインパクトが強すぎるのと、原発で不安に思っている人が多いだけに、全部を事実だと勘違いしてしまう人も多そうなのでメモ的にエントリー。




それにしても、現地に残っている人も、東京とかに疎開してきている人も、まともには仕事はできないし、不安な日々を送っていることでしょう。
そういう人たちのためにも、ベーシック・インカムを実現させたいですね。

0 件のコメント: