2011年6月15日水曜日

新刊のお知らせ

明日16日、私が出版の企画をさせて頂いた「WorldShift 未来を変えるための33のアイデア」がディスカヴァー・トゥエンティワン社から発売になります。

堀江貴文さん(ライブドア元社長)、 岡田武史さん(サッカー元代表監督)、
羽生善治さん(将棋)、 柳澤大輔 さん(面白法人カヤック)、
田中優さん(ap bank・反原発活動家)、 吉原由香里 (囲碁・旧姓:梅沢由香里)
湯浅誠さん(元派遣村村長・内閣府参与)、 美内すずえさん(ガラスの仮面著者)等

そうそうたるメンバーにご協力いただいた本書の中で、
私は、未来を変えるためのアイデアとして「ベーシック・インカム」について書かせていただきました。

勿論、「ベーシック・インカム」のみならず、各方面の先人たちが、それぞれのアイデアについて書かれています。

今日は、永田町で本の受け取りをした後、議員会館で面識のある議員さんに買っていただき、賞賛して頂きました。
是非とも皆様にもお手にとって読んで頂ければ幸いです。
WorldShift 未来を変えるための33のアイデア
http://amzn.to/wsod21bi



内容紹介

価値観がフワフワと漂っている今。何を基準に、何を目指して生きていったらいいのか?
地球環境から政治、経済、日々の生活にいたるまで、冴えた話のひとつも聞かない今日この頃、このままでは、この世界はどうなってしまうんだろう?
何か強い指標が欲しい。「こっちに進めばきっと大丈夫」、そんな方向性を示してくれる何かが・・・。

この本では、総勢33人におよぶ、各界を代表する頭脳が、日本の、そして世界の進むべき方向性を提示します。
エネルギー問題、就職の仕組み、組織のあり方、民族問題、リーダーに求められるもの、エコロジー、神と宗教、文明、貧困、消費、成熟社会・・・。
さまざまな問題に、新しい世界の定義づけが行われ、「これって、もしかしてうまくいくかも?」と期待が膨らむ数々のコンセプト。
生きていくための勇気がいっぱい詰まった一冊です。

■この本に登場する方々

野中ともよ 堀江貴文 岡田武史 石川仁 塩見直紀 羽生善治 柳澤大輔 古谷文太 藤原皓平 久米伸行 田中優
平野豊宏 貝谷嘉洋 木内鶴彦 宇梶静江 船井勝仁 岡野弘幹 鈴木慶太 吉原由香里 佐藤孝治 小久保隆 谷口幸紀
湯浅誠 梶妙寿 海老原美恵 美内すずえ 関太郎 大西琢也 並河進 中渓宏一 クリストファー・カレル 大平和博 井上英之

■WorldShift とは?
2009年9月、システム哲学者アーヴィン・ラズロ博士を代表とする
世界賢人会議「ブダペストクラブ」(ゴルバチョフ元ソビエト連邦大統領、ダライ・ラマ14世などが参加)が、
持続可能な社会への転換(=WorldShift)の緊急提言を世界に呼びかけた。

「文明の発展の方向性を変える」、「持続可能で平和な世界に向けての変革」という目的のために、すべての存在がつながっているとの認識に立ち、
人類全体・地球全体を視野に入れて自身の言動や行動を決定していこうとする運動がWorldShiftである。
活動はヨーロッパを中心に広まっていき、知識人や著名人ばかりでなく、市民たちも加わった活動によって世界各国に伝わっている。

■帯コピー
今のままでは持続不可能、緊急事態な世界。
日本有数の頭脳が考える、
危機をチャンスに変える
シフトとは?

0 件のコメント: