2011年8月27日土曜日

リーダー論2:リーダーは必要か

日本のリーダーを作ろうという養成所はたくさんあります。
ただ、私は前々からリーダーと言う言葉に疑問を感じていました。


最近、派遣でソフトウェア開発の現場に一兵卒(というよりも、リーダー補佐官として)入りましたが、現場のミドルクラスのポジションには、本当に優秀な現場指揮官が沢山んいることを感じました。

社会全体でいえば、軍隊で言う所の軍曹的なポジションに優秀な人間がゴロゴロ転がっているのです。
帝国陸軍が「兵士は優秀だが将校が無能」と言われた、日本の特徴(いい意味での良さ)(*1)は残っている。ということに、ある意味安堵しました。


果たして日本にリーダーは必要なのか

慶応義塾大学の小幡績先生がアゴラでのリーダーに関するのエントリーで述べているように(*2)、日本は現場が優秀です。

現場が優秀だからこそ、上に立って俺が俺がと自己主張するリーダーではなく、現場のミドル以下レベルのリーダーたちに裁量を与え、上手くオーガナイズできる人材こそが必要であると考えています。

『「明治」という国家』の中で司馬遼太郎は、西郷隆盛象について、西郷とは基本的に部下を信頼して任せ、何か問題が発生したりしたら責任は西郷が負っかぶるというスタイルだったそうです。

このように、優秀な人間を引き寄せる求心力と、適材適所で彼らに任せ、良い仕事をさせるような采配力を持つ。
これこそが、日本で必要なトップのあり方なのではないでしょうか。

先に述べたように、日本人は、出る杭を極端に嫌う傾向があるので、リーダーを生み出す!という気概はとても素敵だと思いますが、若干違和感を感じるのは、
強いものが決定権を握った戦国時代ならいざしらず、
民主主義制度により、大衆がキャスティングボードを握った現代の日本ではそういう人物は活躍しづらいように思います。
(直接声が届く範囲では有効ですが、全体を相手にすると、機能不全に陥ると考えます)

どこまでの範囲を「リーダー」と呼ぶのかという本質的な議論はさておき、
現場のリーダーを育成するノウハウを社会で共有していくことは必要でしょうね。
(経験を積ませていくうちに勝手に育っていきそうな気もしますが、より良い経験を積むには?ということで)
必要なのはリーダーではなくリーダーシップとそれを支えるフォロワーシップ。


【参考文献】
司馬 遼太郎
日本放送出版協会
発売日:1994-01

司馬 遼太郎
日本放送出版協会
発売日:1994-01


(*1)池田信夫-なぜ日本は機能しているのか
http://agora-web.jp/archives/1366188.html

(*2)小幡績-今の日本にリーダーシップはいらない
http://agora-web.jp/archives/1366692.html

2011年8月25日木曜日

[ご報告] MSKJ受験結果

前回のエントリーに続いてご報告です。



 結果は








さて、選考結果につきましては、面接席上にてお聞かせ頂いたこ とや、ご提出頂いた願書、小論文などを、総合的かつ慎重に検 討致しました結果、甚だ不本意ながら、貴意に沿い難いこととな りましたので、ご通知申し上げます。

というわけで、不合格でした。



 自らの「志」が足りなかったということでしょうが、 
応援いただいた皆様には大変申し訳なく思っております。
どうもありがとうございました。 

猛省して、よりよい社会の実現に向けて、
また別の手段を模索していこうと思います。
 (反省したメモとかがありますが、それはまたの機会に)


 ちなみに、同時間帯のメンバーは
静岡、京都、奈良、大阪・・と東海近畿地区が集められたような印象です。
んでみんな落ちてました(苦笑)

 せっかく出来た繋がりなので、 書類選考通過&一次選考落ち組として、
何らかの形で連携して日本を良くしていけるように頑張ろうと思います。


 そうそう、9月からは新しい仕事に入るので、楽しみであります。

2011年8月20日土曜日

リーダー論1:植木屋的人材感の日本人

以前、ツイッターで

リーダーの不在を嘆きつつも、出る杭は打つ。いったいどうして欲しいのだろう。我が国の国民は。less than a minute ago via twicca Favorite Retweet Reply
と書いたところ
 瞬く間に100程 RT されると同時に多くの反響を頂きました。


 代表的なのが以下のような反応ですが。
全くその通りですね!対案の無い批判や,不満の矛先をすぐ他人に向けるのは,辞めてほしい.RT @kiwipon: リーダーの不在を嘆きつつも、出る杭は打つ。いったいどうして欲しいのだろう。我が国の国民は。less than a minute ago via HootSuite Favorite Retweet Reply


中でも一番しっくり来たのが
 リーダーではなくファシリテーターこそが必要だという以下のツイートです。
日本的民主主義にはリーダーよりファシリテーターが必要と思います。 RT @imusuke 的を射てる。国民もおかしい。RT @kiwipon: リーダーの不在を嘆きつつも、出る杭は打つ。いったいどうして欲しいのだろう。我が国の国民は。less than a minute ago via Tweet ATOK Favorite Retweet Reply



先日ランニングしていて、
綺麗に刈り込まれた植木見て気づいたのが この植木というものに、
日本人の美意識が強く反映されているのではという点です。

 芝生を例にしても
海外では伸びたから切るという程度なのに、日本人はその美意識から切りそろえます。
突出したものを嫌い、均質的な物にしたがる美学を持つ国民性。
その違いは大きいかもしれません。

 日本人は農耕民族であると良く言いますが、
植物を栽培するにあたって、
初期段階では種子を蒔いたあと、芽が出てきてから、良いものを育てるために間引きます。
そして、残った良いものを育てていきます。
(ただ、最近は、既に鉢植えになっている苗から育てる事が増えてきていますが。。。。)


良い芽を育ていく。ではなく、綺麗に刈り揃える植木屋な気質を持つ日本人
国内で、突出した人物が表に出て来にくいのは、
DNA に刷り込まれた、日本的な美徳なのかもしれません。

 と言うことは、この国の改革を考える上では、リーダーによるhike up 的なアプローチではなく、
ファシリテーターによってベースから底上げしていくようなアプローチの方が
社会に受け入れられそうです。

ただ、「日本人」というよりは、今や大多数を占める「高齢者層」は大きな変化を好まないように思います。
既得権益を手放したくない云々よりも、環境の変化に適応できるかどうか不安だからというのもありそうです。

気づいていたら暮らしが良くなっていた的なのが理想かなぁ。 
このままだと、変化をよりもおそろしい 崩壊が待ち受けているので なんとかしないとね。

本気(マジ)で。
Published with Blogger-droid v1.7.4

2011年8月14日日曜日

好きなアニメ1 「東のエデン」


私が一番に推すアニメは"東のエデン" です。
ベーシックインカム研究所で元研究員の星さんから、大平くんに似ているアニメがあるよとご紹介頂きました。

主人公の滝沢くんは新聞配達をしていて、その後社会変革へ向けて動くなど、新聞奨学生で大学へ通っていながら活動していた私に生き方が似ています。
それだけでなく、個々人の能力が最大限活かされる社会を志向する辺り、考え方(私がホームレスの支援をしたのと、ベーシック・インカムを推すのはそのあたりの理由です)もよく似ていて、

誰かがこっそり私を見ていて作ったんじゃないかと思うぐらい生き方や考え方が似通っています。
下手に自己紹介するよりもこのアニメを観て貰った方が私の目指すところがよくわかるのではと思うくらい(笑)

新聞配達でお金を貰う練習ができるかは微妙な感じですが。。。

続編が映画化されているのですが、ツイッターで一緒に行ってくれる人を募って行きました。あれも素敵な出会いでした。
映画も1 のThe King of Eden と、2のParadise Lost がありますが、時間の無い方はTVアニメ版をすっとばして劇場版の2を観るだけで良いと思います。

閉塞感が漂い、若者が希望を見出だせない現在の日本社会。そんな日本を救う救世主として選ばれ、力を与えられた11人が「ノブレス・オブリージュ=持てるものの義務」を遂行する。というストーリーです。

内容がとても良いので、懇意にさせていただいている議員秘書さんに紹介したところ、「観ていて元気が出た」とお礼を頂きました。

私はこのアニメの気に入りっぷりは、AIR KINGのマークを携帯の待受やツイッターの壁紙に指定リルぐらいです、


その他に、ここ最近モチベーションアップなどに、繰り返し観たりしているのは、

・銀河英雄伝説
・天元突破グレンラガン
・コードギアス反逆のルルーシュ
とかですかね。

これらの主人公やストーリーで共通する点は、それぞれの属する社会の変革へ向けて、それぞれのやり方で行動していく点でしょうか。
機会があればまた紹介します。

私も彼らのようにがんばろうっと。



2011年8月12日金曜日

撮影@新大久保

10月中旬に出る本に載せていただくことになり、その撮影を一昨日行っていました。
コンビニに強い出版社さんからの本です。乞うご期待です!

公園でブランコ―
この公園は一昨年の派遣村(3年目)でワンストップの会として新宿のハローワーク周辺でチラシ配りをしたときに来たことがありました。
昼間っから、服装は小奇麗だけど、暗い感じのおじさんたちがベンチに一つ置きで座っていたことに不安を感じました。
(ハロワ帰りなのかな~と・・・)

朝鮮の民族衣装

手前のは生マッコリ。 ←ソウルマッコリにあやかってみた感じです。





オマケ:チャン・グンソクより福山雅治のほうが似てるんじゃない?と龍馬ヘアーにさせられるの図(笑)

Published with Blogger-droid v1.7.4

2011年8月9日火曜日

最近の自分の生活

何をやっている人なの?と聞かれると
活動が多岐にわたっており、ヒトコトで何をやっていると言えず、
かといって、自分がやっていることをトウトウと語れるほど頭の生理ができているわけではなく、
「そういえば、私、何やってたっけ?」みたいな感じになるのと、
そうそう無いような状況に居られるので、備忘録程度に。


6月に皆様にご好評いただいています、「WorldShift未来を変えるための33のアイデア」の出版関係が、一応一段落し、
7月から入っている現場が節電の関係で、7月は日月休み→8月は火水休み。
木~月は開発系の現場でお仕事。ITの開発現場なので帰りが22時とか23時とか当たり前で周りの人は稼働が300時間超える人も出てきている中、私は7時台に出社したりしているので、なんだかんだで月間300時間近くは会社に居たりします(笑)

火水は開発の仕事が休みなのですが、平日なので仕事の電話とかが入るし、
自社に出社して仕事したり、議員会館でロビイングをしたり、NPO系の仕事をしたり、お家で仕事をしたり、・・・・と休みなく動いています。

自らの頭の整理がてら纏めるとこんな感じ

ビジネス・営利活動
1.会社F
  ・システム開発管理
2.会社A
  ・マネジメント
  ・ITを通じた地域活性
  ・マーケティング・広報
  ・イベント
3.知人の会社のコンサル

公益・社会・非営利活動
1.ホームレス総合相談ネットワーク(法的支援)
2.ベーシック・インカム(次の社会へ向けた戦略の立案行動)
  ・ロビイング
  ・執筆・講演
3.海外系の財団(チャリティー活動と勉強)←もちろん全て英語
  ・イベント
4.その他
  ・若手支援
  ・執筆活動
  ・芸能活動
  ・受験
  ・ダイエットw&体力づくり

成長の糧が随所にあるので、一つ一つモノにしていきたいと思います。

明日はモデルの仕事ですw
がんばろー

2011年8月5日金曜日

日弁連 ナショナルミニマム院内集会 最低賃金と生活保護

28日、日本弁護士連合会主催の院内集会
大震災後のナショナル・ミニマムを考える~あるべき最低賃金・生活保護基準とは~
に出席してきました。

小久保先生と三浦先生が司会進行を勤められていて、宇都宮会長をはじめ、参加者も見知った顔が殆どのアットホームな感じでした。

個人的な印象としては。
理論構成がやっぱり貧者の代弁者たる人権派弁護士らしいのと、
いまいち盛り上がりに欠けていた点ですかね。

学者さんは、あんまり偏らずに話をしてくれたので、良い勉強になりました。


最低賃金が上がると雇用が増えるか減るかについては、
学者の間でも結論は出ておらず、必ずしも、雇用が減るとは言いきれない
というのが新たな知識でした。
(私は減ると思いますけどね。特に、この即戦力の時代に、スキルのない新卒や未経験者が雇われなくなる恐れが←その対策は必要)

最低賃金を考えるには生活保護制度との絡みだけで考えるのではなく、社会保障制度全体で考えていく必要があるというのには大いに同意でした。



ーーー以下メモ(レジュメが充実していたので少なめ)ーーー
最低賃金法には生活保護に係る施策との整合性 というものがある(法9条第2項)

初鹿先生の印象
生保のほうが年金や最低賃金より高いというのは後者が
政治家とは理想を語る仕事?
岩手県の求人650円

高木佳代子 事務局次長(福岡弁)
生活保護基準は低所得者ではなく一般世帯との比較を行うべき。

金井郁 (埼玉大学経済学部講師)

最低賃金法の歴史
地域ごとの格差をなくそうとして地域別最低地銀
生活保護との整合性の問題は当初は、抑制のためにあったのではない。

(3)その他の論点
・最低賃金が上がると雇用は減るのか
★日本の研究でも欧米の研究でも決着が付いていない。
→最賃が上がると雇用が減るとい言われるが、そんなことはない。
・貧困解決に寄与する程度は微妙なところ。

生活保障全体でどのように考えていくのかが重要。
まとめとしては
たださいちんとセイホだけで考えるのではなく、社会保障全体でやっていくべき。
あまりにも生保とリンクし過ぎると、地域間格差になる。


●当事者の発言
1.最賃上げろ裁判の当事者
2つの行政区の学童でバイト中
お金が無いことを理由に、結婚できず、彼女と別れ話をすることになる。
ずっとこの先もアルバイトなのか?抜けられない
(最賃が上がれば良くなると考えているのかな?)
「(教師になる夢や、彼女との結婚を)諦めたくない」

2.生活保護老齢加算の当事者
弔辞の香典のためにお金を貯めている。たまに社協に借りることもある。
(何のための老齢加算??)

”若者の生活保障” 日本弁護士会54人権大会のプレシンポ
9・6弁護士会館で行う。

2011年8月4日木曜日

政治家になっても、なんのメリットもない

気になったので30分ぐらいで書いてみます。

政界進出を持ちかけられ「いま政治家になっても、みんなにたたかれて何のメリットもない」

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110803/ent11080306190001-n1.htm

どういう真意で田村淳氏がこのような発言に至ったか、
現場に居合わせていたわけでもなく、本人を知っているわけでもないので、
よくわからないけど、大いに同意しうるものであります。


一般的に認識される政治家のメリットは
・金銭などの、個人的な欲求を達成するメリット
・純粋に国を良くしたい、変えたいという志、社会的欲求を達成できるメリット
の二つに二分されると思います。



今の政治体制では、ひとりの政治家になったところで、
政治体制と、それを取り巻くマスコミ、マスコミからしか情報を取らない国民の現状では何もできません。


例えば、当選できても「一年生議員」と呼ばれ、
衆議院480人参議院242人、合計700人以上の国会議員がいる状況下では、
手腕を発揮する場は与えられません。

党にもよりますが、一般的には10年は国会議員を続けていられないと、
永田町内で、国会議員としてのステイタスを得られません。
(衆議院議員3期目とかでも、思うように動かせてもらえないと嘆く議員もいますが・・・)

というわけで、10年というと、衆議院であれば3期~、参議院であれば2期~となり
当選したら政治に参画できるわけではなく、当選直後から次の選挙に向けた戦いが始まります。

選挙にはお金がかかります。中選挙区制度時代、4当5落(4億しか出せなかったら落ちるという意味)と言われた頃よりは小選挙区制度になりかかる金額は減って居るようですが、
現実的に当選を目指すとなると、選挙区にもよりますが3000万~1億ぐらいは掛かると聞きます。
何にカネがかかっているかというと、広報です。
(もっと国民に余裕ができて、政治に自らアクセスできるようになればましになるのかなぁと)
(あと、ITでコストダウン出来るんじゃね?というのは当面難しいです。投票の大多数を占める老人たちに訴求できないから)



やはり、政治家にはメリットがない。
・政治家というステイタスを手に入れる
ぐらいでしょう。
現状、一人の国会議員では、何も出来ない。とよく言われます。(やり方が良くないのもあるでしょうが)



とある国会議員(政治家歴20年)の言、「政治家とは乞食のようなものだよ」
・・・それでもやり続ける志(か欲望)がないと続けていられないですねぇ。 ←大抵途中で折れてるw


あと、やっぱり人材不足感は否めないなぁ。
国民が80年代の金権政治を極度に嫌ったため、利に聡く、
結果を出しつつ、国民にみ利益を与えられるような、ワルくて有能な人間を遠ざけることになった。感じはします。(あと、学歴が高ければ仕事ができるってわけでもないしねぇ。浜田和幸議員とかw)


今いる人間は、極度に自己顕示欲が強い人達って所が共通点ですね。


私もちょくちょくそういうオファーを頂戴しますが、現状の政治&選挙システムでは
いち政治家になったとしても、「国を良くする」という目的は達成できなさそうなので、お断りしています。
あと、単純に選挙に出るだけのお金(供託金すら)が無いってのも(苦笑)


どうすれば良くなるか(定数削減とか)については、模索中ではありますが、
そろそろ仕事の時間ですのでまた機会があれば。