2011年11月29日火曜日

南相馬市長 桜井勝延氏 【日本政策学校#1】

日本政策学校の第一回目の講義は
南相馬市長 桜井勝延氏の講義でした。
;http://www.city.minamisoma.lg.jp/mayor-room/profile.jsp

桜井氏はTime誌の2011年の世界で最も影響力のある100人に選ばれた日本人。
彼の政治家としての信条や、現場の第一線で指揮を撮り続けて来た話は
涙無くして聞くことは出来ませんでした。

中でも印象的だったのは以下
・政治家の仕事は命を守ること
・職業の使命感(マスコミ、政治家)
・趣味のマラソンの走る目的
→内向的な自分と戦うため
・被災者に対して求められているのは「心を取り戻す」こと

私も南相馬市の復興に携わっているので、かなり身を乗り出して受講することが出来、2点ほど質問させて頂く機会を得ました。


Q1心の再生のためにはどうすれば良いのか?
ニーズとしてどういうものがあるのか?

Q2基礎自治体と国の話がありましたが?
→地方分権につながる話ですが
道州制という議論がありますが、それだと大きすぎるのでしょうか?

A1
自分らしく生きる環境
→バラバラになってしまったことに対して

お金を与えることには意味がない
お金では心は再生できない。
お金があれば有るほど、働く気になりません。
お金があれば堕落していく → お酒を飲む、遊興に走る

広島や長崎の原爆の後に
→今のような保障制度が有ったのか?
みんなが、人が、入っていって、再生していった。
→今は地域を隔離して人が入れないようにしている。

如何に再生させるかが重要

「自分らしく」生きている意味があるように支えあって。
いきててよかったな、いきよう。と思えるように。
お金なんか、どんどん入っている(but投資先ない)

A2
道州制がはない→
県のような中間管理をなくすことが重要。
基礎自治体が各省庁へ予算を取りにいけるようにするなどして、基礎自治体へ権限委譲するべき。
国と直接やりとりできる環境にするべき。

単に経済復興ではなく、人が人として生きるために、承認の機会を得る、働く”場”を提供することの重要性を感じました。

あとクエスチョンの回答でお金が有ると堕落してしまうというお答えをされていることからも、ベーシックインカムには賛同してくれないだろうなぁと感じました。
(私は本質的には、働く機会が無いことが問題だと思っていて、そのためのBIなのですが)

ビジネス的に南相馬市とはこれからも絡んで行きますが、どうぞよろしくお願いいたします。



ーーーーー以下メモーーーーー

防災有効なのは、基礎自治体の連携(杉並区等)だった→早い
立法に拠る救済では遅い。

人口流出で7万人が一時、1万人を割り込んだ

東電ではなく、市のほうが除染を実施
国が施策を作らないと動けないとは何事か。


【災害と政治】
災害おいてたいせつなことは
→命を守ること
何を大切に地方の政治を預かるのか。

誰が本当に命を護れるのか
(政治の立場として)→やっぱり首長しかない。

首長がしっかりしないと、その地域はだめになる。
→首長を目指すべき
自分の命を最大限燃やせる場として首長に挑戦すべき。

【マスメディアと使命】
マスコミが逃げ出す現状
→この国の惨状を見た
→報道機関としての使命は?

桜井市長「逃げ出したマスコミにコメントする必要はない。」

→一方でフリーランスの人間はたくさん来た。
海外のマスメディアもたくさん来たが、日本のマスメディアは来なかった。

使命感を持たない人が仕事をすると、逆に報道される側がどれだけ被害を被るか。
県には来るけど、基礎自治体には来ない。


【国政と災害】
20kmの避難指示は政府からも、県からも来なかった
聞いても判断しなかった。
→テレビからの情報しかもらえなかった

//きちんと情報共有・意思決定を行うスキームの欠如?

原子力防災計画を行わなかったのは→住民が不安に思うから。

このような状況で、国や県は何もしてくれなかった
→政府の指示はこの状況にとどまれというもの
→新潟から全市民を受け取るとのメッセージをもらって、有りがたかった。

命を救うことがすべて。党派なんて関係ない。
そんな状況で菅総理の政局についてマスコミからコメントを求められた。

必要なのは「使命」政治家の使命、国会議員の使命、首長の使命。
→使命を持ってやっているのなら5月の段階でなんとかしろ。

世界史的な災害に対して
日本が世界に発信できるチャンスなのに。。。
「国力を示すべきではないか?」
より良い法律を瞬時に創り上げて、こそではないのか?

【心を取り戻す】
東電に対して
桜井氏「市民の心を再生することに全力を上げて下さい」
「人の心を再生すること、人の心をもう一度立ち直らせることに全力を」
20km30kmで義捐金が距離によって差別される。

原発事故をも自然災害と言えるのか

★国も東電も、命と心への配慮がなさすぎる。

【政治家を選んだきっかけ】
農家というのは休みがない。
それを選んでいるのは誇り。
//最低賃金法っておかしなものだね。

産廃処分場を阻止をしたかった。
そのために署名を集め、裁判に訴えたりしてきた。

原発事故と同じ
→アンダーグラウンドの力を
→暴力団と結びつかない企業はどれだけあるのか?

政治家になるには
「おかしいと思うことに対して、おかしいということを貫かなければ何も変わらない。」
命がかかります(ex.御嵩町長)

【走ることについて】
内向的な自分と戦うために
毎朝走り続けている。

走ることに対して辛いと思う自分がいて
「正しい」ということはほんとうに正しいのかと考えならが走っている。

妖怪がどう動いているのか、その犠牲となるのはだれか?
犠牲となった南相馬市として声を上げていかなければいけない。
市民と直接対話しなければ、市民の心は動かない。

【使命感】
医者も殆ど逃げ出した。(使命感がなかった)
命を救うということに対して、逃げ出すことが解なのか?

(かっこ良く言えば)
一人も残さず、避難されるまでは私は残る。
→といえば→職員を含め、あくまでも残らざるを得なくなる
「全体の奉仕者」であるなら、最後までその使命を果たすべきじゃないか?
部長を含め、耐えられなくなり、やめていく。
→ほとんどが精神疾患にかかっている。

市民が市民を責めて、職員を市民を責めて
耐えられ無くなった状況で、自分の使命を忘れてしまう。

時間の経過と、地理的、宇宙的な視点で考えて欲しい。

産廃処分場で命が危うくなる人がいる、
宇宙から見れば、地球はゴミ。
我々の命は今しかない。

自分の周りや自分たちだけが不幸だとしか思えない。
毎日人身事故が起こっている東京はどうですか?

命を救うということはどう事か?

自殺した被災地の老婆
彼らに生きる希望を与えなければ、
いきているしごとを 行わなければ意味が無いではないか。

命はそんなに軽くない
霞が関が、机上での議論で、現場の命を奪っていく。

ネットも携帯も使えない中で、無線が役に立った。
政治を志すなら無線を抑えておくと良いかも

医者が不足している。
厚労省は役に立たなかった。


【今後】
3/24 Youtubeでうp
→世界中からアクセス。英語で電話が来て、困った。
避難をさせられたら、良いまちづくりができるなぁ、と。

見たことの無い地に行って帰ってきたことで
学んできて、良いまちづくりができました。
作っても売れないだろう。
→電気作ることにした。

失われた大地を無駄にしたくない。

農家の多くは70代、80代
再生のために、労力を割くことはできない。
しかし、彼らが継承し築き上げた大地を、無駄にしたくない

瓦礫を、防潮林として利用したい。
11日までには生きていたもの。
彼らの魂を引き継いて行きたい。


「命を別の形で再生できるのではないか」
→自然エネルギーのプラントに。

今、多くの企業が、南相馬市を市場と見ている。

日本の自然はエネルギーに満ち溢れている。
最終処分を出来ない原発はダメなんじゃないか?

2011年11月28日月曜日

日本政策学校へ入学

日本政策学校 http://j-policy.org/


の第一期生として入学致しました。


日本を良くしていくために、色々と学んで行こうと思います。

2011年11月18日金曜日

主要5コンビニの中華まんまとめ

肉まんがおいしい季節になりました。


私的好きなのは、ディズニーシーの餃子ドッグなのですが。
あと、一番いいのは551ですが。入手困難すーぎーるー!!


というわけでまとめ
・ファミマ
http://www.family.co.jp/goods/ff/chukaman/

・ローソン
http://www.lawson.co.jp/recommend/static/oden/chuka.html

・セブン
http://www.sej.co.jp/sej/html/products/ff/chukaman/

・サンクス
http://www.circleksunkus.jp/wakuwaku/chukaman/

・ミニストップ
http://www.ministop.co.jp/menu2/



個人的にはファミマのスライムまんと
サンクス、及び、ミニストップに注目~



これはキン肉マン

2011年11月15日火曜日

【協力依頼】新宿区ホームレス生活保護裁判勝訴判決の確定に控訴断念要請をお願いします

以下、新宿区役所と3年間戦った裁判の結果です。

現在、生活保護制度は、不正受給が問題となる一方で、本来受給できるべき人が受給できないという現象が起こっております。
本件裁判の原告は、当時ホームレス状態にあった就労意欲のある真面目な方で、ホームレス総合相談ネットワークの路上相談を通じて、生活保護を申請することになりました。新宿区で生活保護を却下された後に、板橋区で保護を受けることが出来、その後福祉施設にて職を得、生活再建をすることができました。
本来受給できる権利がある人が受けられないという現状を打破すべく、本人には何の得も無い(既に生活再建できているので)のに、3年に渡る裁判闘争を繰り広げてきました。
判決の成否が気になりすぎて、この一ヶ月、ほとんど眠れない日々を過ごしてきたとのことです。
ご協力いただけると助かります。

ーー
新宿区ホームレス生活保護裁判弁護団事務局長の戸舘です。
11月8日に言渡された原告全面勝訴判決ですが、なんとしてでも控訴を断念させて確定させる必要があります。
つきましては、皆様に、控訴断念要請FAXを新宿区に宛てて送信していただくようお願い申し上げます。
転送転載、コピーなど大歓迎ですので、できるだけたくさんのFAXを集中させて、新宿区に対して控訴を断念させるよう行動をよびかけます。
また、FAXに加えて、 メール要請もお願いします。
●新宿区
 160-8484 新宿区歌舞伎町1-4-1
 新宿区区長室広聴担当課広聴係
 FAX 03-5272-5500
https://www.faq.city.shinjuku.lg.jp/faq/EokpControl?&event=DE0001&cid=58177
●東京都
東京都福祉保健局生活福祉部保護課
S0000226@section.metro.tokyo.jp
●東京都福祉保健局総務部総務課広報担当
S0000190@section.metro.tokyo.jp
以下、要請書フォーム
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新宿七夕訴訟東京地裁判決に対し控訴しないことを求める要請書
新宿区長 中山弘子 殿(FAX:03-5272-5500 区長室広聴担当課広聴係)
新宿区福祉事務所長 殿(FAX:03-3209-0278 福祉部生活福祉課自立支援係)
本年11月8日、東京地方裁判所民事第2部(川神裕裁判長)は、平成20年(行ウ)第415号生活保護開始申請却下処分取消等請求事件(原告:Y氏、被告:新宿区。「新宿七夕訴訟」)について、原告の請求を全面的に認め、被告である新宿区に対し、平成20年6月2日付で新宿区福祉事務所長がなした生活保護開始申請却下処分の取消し及び、同日から居宅保護の方法により生活保護を開始せよという生活保護開始決定の義務付けを命じる判決を言い渡しました。
本件は、ホームレス状態にあった原告が、アパートに住んで住居を確保した上で就職活動をしたいと考え、新宿区福祉事務所に生活保護を申請したところ、新宿区福祉事務所の職員から自立支援システムを利用するよう強く求められ、原告がこれを断ったところ、「稼働能力を十分活用しているとは判断できない」として、3度にわたり生活保護申請を却下したことに対し、最初の却下処分の取消と生活保護開始決定の義務付けを求めるものでした。
判決は、原告の主張をほぼ全面的に認め、法は不可能を強いるものではないこと、生活保護法4条1項は「当該生活困窮者が、その具体的な稼働能力を前提として、それを活用する意思を有しているときには、当該生活困窮者の具体的な環境の下において、その意思のみに基づいて直ちにその稼働能力を活用する就労の場を得ることができると認めることができない限り」なお稼働能力活用の要件は満たされるとし、原告が稼働能力を活用していたことを認定しました。
このような判断は、生活保護法の本来の理念、現在の雇用をめぐる情勢や原告の年齢、経歴、置かれた状況に照らしてみても至極自然なものであり、被告である新宿区の福祉行政の過ちを断罪したものです。
原告は、自らの生活状況が不安定で非常につらく苦しい中でも、自らのたたかいが自分だけではなく自分と同じようにホームレス状態に陥った方々のためのたたかいと位置づけて、3年にもわたる裁判闘争に耐えてきました。
今回の判決で原告に対する取り扱いが生活保護法に照らして違法なものであると明確に判断された以上、行政の立場にある者としては、誤った行政行為を自らの責任で正す義務があります。
被告である新宿区が控訴をすることは、原告をさらなる裁判闘争にさらすことになり原告の精神的負担を増すばかりか、かつての原告と同様の境遇にあるホームレス状態にある方々をさらに苦境に追い込むものであり、到底容認できるものではありません。
以上の次第ですので、被告新宿区が判決を真摯に受け止め、控訴することなく、直ちに原告への生活保護の開始決定をして所定の金額を支払うことを求めます。そして、今後は、生活困窮者、特にホームレス状態にある者に寄り添った福祉行政をすすめていくよう改めることを求めます。
【意見欄(補足でご意見があればお書きください。)】

氏名
住所
記入日  2011年  月  日